自己紹介


自己紹介動画 僕がどんな人間か、よろしければご覧ください!


これまでの活動について

私は陸上競技の800m走を専門に、高校・大学・実業団で約10年間走り続けてきました。

 

世界陸上やオリンピックのトラック種目には100m,200m,400mの短距離種目と、800m,1500mの中距離種目、5000m,10000mの長距離走に分けられます。その中でもトラックを2周する800m走は、“走る格闘技”とも呼ばれ、スタート直後から接触や転倒も珍しくないそれはそれは苦しい種目です。

 

加えて800m走は、持久力(有酸素能力)と瞬発力(無酸素能力)のどちらも高水準で有していなければ勝つことができない種目のため、日々のトレーニングでは短距離選手と一緒に走ったり、時には長距離選手と一緒に走ったりと、トレーニングに工夫が必要とされました。

 

苦しい事はもちろん多かったですが、互いに努力を重ねてきたライバルたちと称え合い、また高みを目指して進んでいけたというのは貴重な体験でした。


全日本選手権で3位入賞した際のレース


ケガによるスランプ。全国大会へも出れないように

大学を卒業後、実業団に所属しオリンピック出場を目指してトレーニングを続ける中で、ある日大きな怪我をしてしまい、それ以降自分らしい伸び伸びした走りが全く出来なくなってしまいました。

 

いつ痛みが再発するのではないかという恐怖。心から笑えない、練習が楽しくない毎日が続きました。

 

筋力トレーニングを一生懸命やって、モリモリ筋力をつけたりもしました。しかしカラダは逆に硬くなり痛みは増しました。

 

全国各地の有名な治療家の先生のところまで足を運びました。マッサージ、鍼、電気、超音波。しかしどれも期待したほどの効果はありませんでした。

 

今思えば、表面的なことだけに目を向けて、怪我の原因と向き合っていなかったのだと思います。痛み止めや湿布で一時しのぎをして、治ったかのように思い込もうとしていただけだったのです。

 

そしてついには逃げるようにして陸上競技の世界から引退し、大好きだった走ることさえ、いつしかしなくなりました。

 

当時、筋力が足りなかったわけでもなく、治療方法が悪かったのでもなく、もっと根底にあるカラダのベースの部分が間違っていたことに気づいたのが、現役選手を引退して5年経った頃でした。本当の意味で自分のカラダに目を向けていなかったのです。


カラダのBASE、とは?

カラダのBASE、とは何でしょうか?

私の考えではピラミッドの一番下の土台に当たる部分 “リラックス” “体軸” “腸内環境” “ミネラルバランス” “マインドセット(心)” この5つが軸だと考えています。

 

この部分を蔑ろにしたせいで、ピラミッドはバランスを崩し、怪我という形で私は陸上競技を引退せざる終えなくなったのです。

ピラミッドの一番頂点の部分は、専門的なテクニックや技術です。ここしか鍛えていないと頭でっかちになり大きいピラミッド(スポーツなら世界で活躍する選手)にはなれません。

 

しかし、このカラダのBASEと言うのはどちらかといえば、目で見えない部分のように感じます。分かっているつもりでも多くの人はこの部分を分かっていません。

目にみえる部分、つまりピラミッドの頂点ばかりに意識が向いてしまい本質を見失ってしまうのです。

 

 


昔の日本ではカラダという漢字は“体”ではなく“體”を使っていたらしいです。

骨が豊かと書いて體。昔の日本人は、骨を巧みに使う身体感覚が今より遥かに優れていたのだと思います。

 

内面の骨の感覚や深層筋そして内臓が活発に使われるためには、表面の筋肉は緩んでいる必要があります。

現代人はここがガチガチ緊張状態です。ほとんどの痛みや不調の根本原因は筋肉の力みにあります。

 

ガチガチに體が力んでしまう原因としては、

 

①日常生活の姿勢・歩き方の間違い

②心理的肉体的ストレス、心の使い方の問題

③食べ物や飲み物による腸内環境悪化の影響(添加物、農薬、薬などによる害)

 

 

などが考えられます。


リラックス出来ると人生がどんどん面白くなる!痛みもなくなる!

私はこの事を、1人でも多くの方に伝えたくて、今パーソナルトレーナーとして活動をしています。

私自身が挫折から立ち直り、今現在はフルマラソンで日本記録を本気で出そうと奮闘中です。

 

體の在り方を変えるにはまず、體がリラックスしている必要があります。リラックスして初めて、人は本来のパフォーマンスが発揮できます。当然痛みも無くなります。體が力むようなことをしていては一生その痛みや悩みは取れないでしょう。

 

いつしか諦めてしまった夢はありませんか?不可能だと思い込んで挑戦することを放棄していませんか?

體の在り方が変われば、何歳からでも必ずなりたい自分になれます。好きなことに挑戦できます。

 

そのためには頑張ってはいけないんです。まずはリラックスしてカラダを緩めること。そして人生を楽しむこと!

 

ほとんどの方は自分がリラックスしているのか、緊張しているのかも分かっていません。まずは自分を知ることからスタートしてみませんか?


BASEのステップアッププログラムの流れ


健康な體作りは、まずリラックスすることから始まります。

 

“頑張らない” “最高の自分を発揮する” “心地いい感覚” をとにかく大事にしています。

その結果、最終的には“気づいたら理想の自分になっていた!”となればベストです。

そのためのプログラムは以下の通りです。

 

① STEP1【BASE整体】QET+ゆらぎ+ミネラルバランス調整

 人のBASE(土台)部分にアプローチする整体です。その人が本来のエネルギー溢れる位置に戻ることで、最高の機能が発揮されるようになり   ます。多くの方はその場で痛みの変化を実感されます。全く痛くないカラダに優しい整体です。

また、現代人はミネラルバランスが大きく崩れてしまっていることによって、カラダを修復する機能が著しく低下しています。海由来のミネラルを取り入れて頂き、内から元気にします。

 

② STEP2【腸美人で超美人!】〜今こそ腸に投資せよ〜

 一つ目のBASEとなるのは腸内環境です。腸が悪いと実はどんなに他のことを一生懸命取り組んだとしても、思うような結果が出ません。それは腸内で100%作られるセロトニンと言うホルモンが関係しています。痩せにくい、ネガティブ思考、笑えない、睡眠の質が低い、疲れが取れない等の傾向がある方は、腸内疲労しています。美しい體作りは“本当の腸活”から始まります。

 

③ STEP3【ココイチ・リラックス法】をマスターしよう

 二つ目のBASEはリラックスした體。全てのパフォーマンスはリラックスした體から生まれます。しかし、リラックスは大事だと心では分かっていても、リラックスの作り方は分からない人も多いのでは。常にカラダを緩めておくため、そしてここ一番の場面で活躍するためのリラックス法を

 

④ STEP4【ご機嫌マインドセット】の作り方

 三つ目のBASEは心の使い方です。人生を豊かにする為の、感情のコントロールについてお伝えします。

普通は、ある出来事や環境によって感情は生じます。常に受け身で発生する感情に振り回されると、疲れますよね。他人軸ではなく自分軸!人の機嫌をとらずに自分の機嫌を取っていく方法などをお伝えしていきます。

 

⑤ STEP5【絶対に頑張らないご機嫌体操】〜合理的な身体動作の習得〜

 BASEがしっかりと構築された上で、動作のトレーニングを行います。トレーニングといっても、絶対に頑張らないと言うところがポイントです。自分のカラダと向き合い会話する様なカラダを緩めてかつ美しくなるようデザインされたプログラムです。

“頑張る”とは「我を張る」が語源と言われており、これは他者との競争で自分に有利なように働くと言う意味です。頑張る精神ではカラダはどんどん硬くなります。頑張らずに笑って楽しむ体操をしましょう!

 

⑥ STEP6【1、2、3 ご機嫌ウォーク】〜歩き方に革命を起こす〜

正しい姿勢で歩いてるつもりなのに何故膝や腰が痛くなるのだろうか。教科書や病院で教わった歩き方なのに歩くほど疲れる、、、。そうなんです、ほとんどの方の歩き方はズバリカラダに大きな負担をかける歩き方をしています。

健康目的でも、ダイエットでも、スポーツで活躍するのも、基本となるのは『歩き方』これが全てです。今までの常識を覆す、全身ご機嫌になる歩き方を習得していきます。


Lineからのご連絡お待ちしております

友だち追加